新着情報

トップ > 倍率方式で評価する宅地が不整形地等であった場合の評価方法

倍率方式で評価する宅地が不整形地等であった場合の評価方法

倍率方式により評価する宅地が相続財産に含まれる相続税の申告を進めている際に、「うちの土地は形がすごく悪いから、固定資産税評価額に倍率を掛けて、その上で補正を入れて評価額がさらに下がるんですよね?」といった質問をよく受けます。

倍率方式により評価する宅地で、その宅地が不整形地、間口が狭小、無道路地等であった場合に、固定資産税評価額×倍率で計算された金額に、これらの個別事情をしんしゃくすべきなのでしょうか?

答えは、しんしゃくしない、ことになります。

なぜなら、固定資産税評価額(固定資産税課税明細に記載の金額)の計算過程において評価対象地が不整形地等であることについて、すでに個別事情のしんしゃくがなされているからです。

したがって、評価対象地を倍率方式により評価するときに、個別事情をしんしゃくすると、補正が二回行われることになるため、原則としてしんしゃくをする必要はありません。

不整形地.PNG

その他のニュース

2020-07-29

夏季休業のお知らせ

2020年8月13日(木)~2020年8月16日(日)

2020-04-24

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)

2019-12-30

代襲相続の税務の視点

2019-12-23

同時死亡と代襲相続

2019-12-16

代襲相続の範囲

< 12345678 >
Calendar Loading