新着情報

トップ > 遺産分割協議がまとまらない!

遺産分割協議がまとまらない!

相続人だけでは遺産分割の協議がまとまらない時は、弁護士の仲介により、協議をまとめていくことが通常だと思います。

弁護士によらない場合、家庭裁判所の「調停」か「審判」によって分割することになります。

① 調停・審判とは?

調停とは、客観的な立場の調停委員に間に入ってもらい、当事者である相続人同士が、裁判所で話し合う手続きです。一方、審判とは、家庭裁判所で行われる裁判(家事審判)で、裁判官が一切の事情を考慮して、遺産分割の方法を決定する手続きになります。

② 調停・審判の申立て方法

調停の申立ては、相続人の一人から、他の相続人全員を相手方として、他の相続人の住所地又は相続開始地を管轄する家庭裁判所にします。

一方、審判は被相続人の住所地の家庭裁判所に申し立てをすることになります。ただ、円満な解決のためにも、調停⇒審判の順に扱われるのが通常です。

調停の申立ては、家庭裁判所に備えてある用紙に必要事項を記入し、遺産目録、被相続人の除籍謄本、相続人の戸籍謄本などの資料を添付して提出することになります。

③ 調停のメリット

調停は手続きが簡単で、通常は費用も安く、解決までの時間が短いという点に特徴があります。

裁判所を利用するといっても話し合いの延長ですから、融通が利きやすくなっています。

まずは話し合いで解決したい、という方にとっては、利用するメリットのある制度かもしれません。

④ 審判のデメリット

これに対し、審判は、裁判官が職権で証拠調べや事実の調査を行い判断するため、裁判と同様、手続きが厳格です。

調停では、相続人全員が合意していれば、法定相続分とは異なる遺産分割を行っても構わないのに対し、審判では、基本的に法定相続分どおりに遺産分割が行われることになるというデメリットもあります。

 

いずれにしても、調停・審判によらず、遺言や遺産分割協議で円満に遺産分割が行えるよう、十分に準備をしておくことが何より大事なことだと言えますね。

キャプチャ.PNG

その他のニュース

2019-06-28

身近な人が亡くなった後の手続・届出

身近な人が亡くなった後に行う手続・届出はたくさんあります。これらを、①直後に行うこと、②落ち着いたら行うこと、③必要に応じて行うこと、の3種類に分けました。

2019-06-11

生命保険を使った節税対策

生命保険の活用は、最も容易にできる相続税対策です。

2019-06-03

土地に地役権が設定されている場合、相続税が安くなる可能性があります

地役権が設定されている土地については、評価減をとれる可能性があり、結果的に相続税が安くなる可能性があります。

2019-05-28

相続財産を寄付することで相続税を減らせます

相続や遺贈によって取得した財産を国や、地方公共団体などに寄附した場合など、その寄附をした財産や支出した金銭は相続税の対象としない特例があります。

2019-05-06

領収書のないお布施は葬儀費用になる?

お寺の名称、所在地、金額、支払日等を明記すれば、葬儀費用として認められます。

Calendar Loading