新着情報

トップ > 領収書のないお布施は葬儀費用になる?

領収書のないお布施は葬儀費用になる?

相続税の申告において、葬儀費用は債務控除の対象になります。

ただ、葬儀費用のうち、業者に対する支払いの領収証は通常発行されるのですが、問題はお寺さんに支払うお布施です。経験上、領収証を発行しないお寺が大半かと思います。ただ、これについても心配はいりません。お寺の名称、所在地、金額、支払日等を明記すれば、葬儀費用として認められます。

遺産額から差し引ける葬式費用として認められるものが国税庁HPに列挙されていますので、以下に記載します。

  • (1) 死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった費用
  • (2) 遺体や遺骨の回送にかかった費用
  • (3) 葬式や葬送などを行うときやそれ以前に火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用(仮葬式と本葬式を行ったときにはその両方にかかった費用が認められます。)
  • (4) 葬式などの前後に生じた出費で通常葬式などにかかせない費用(例えば、お通夜などにかかった費用がこれにあたります。)
  • (5) 葬式に当たりお寺などに対して読経料などのお礼をした費用

逆に次のような費用は、遺産額から差し引ける葬式費用とは認められませんので、注意が必要です。

  • (1) 香典返しのためにかかった費用
  • (2) 墓石や墓地の買入れのためにかかった費用や墓地を借りるためにかかった費用
  • (3) 初七日や法事などのためにかかった費用

その他のニュース

2020-07-29

夏季休業のお知らせ

2020年8月13日(木)~2020年8月16日(日)

2020-04-24

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)

2019-12-30

代襲相続の税務の視点

2019-12-23

同時死亡と代襲相続

2019-12-16

代襲相続の範囲

< 12345678 >
Calendar Loading