新着情報

トップ > 養子縁組の法的効果と相続権

養子縁組の法的効果と相続権

養子は、その縁組の日から養親の嫡出子となり(民法809)、当然に養親の相続について相続人になります。ただし、普通養子の場合には、実親子との関係はそのまま継続するから、実親の相続についても相続権を有することになる点には注意が必要です。

そして、養子と養親は、相互に相続件を有します(民法887、889)。

そのため、養子は養親の第一順位の血族相続人となり、養親は養子の第二順位の血族相続人になります。

また、養子は、養子縁組の日から養親及び養親の血族との間に法定血族関係が生じます(民法727)。

もっとも、養子縁組の前に生まれた子は、養親の孫(直系卑属)には該当せず、養親の相続について代襲相続人にはなりません。これに対し、養子縁組の後に生まれた子は、養子縁組により養子と養親との間に法定血族関係が生ずるため、養親の孫(直系卑属)となり、養親の相続について代襲相続人になります。

養子縁組はその形態によって、権利が異なるため、特に注意が必要ですね。

その他のニュース

2020-07-29

夏季休業のお知らせ

2020年8月13日(木)~2020年8月16日(日)

2020-04-24

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)

2019-12-30

代襲相続の税務の視点

2019-12-23

同時死亡と代襲相続

2019-12-16

代襲相続の範囲

< 12345678 >
Calendar Loading