特別養子

特別養子制度は、昭和62年の民法改正により創設されたもので、実親子関係を切断する縁組です。

そのため、特別養子は、実父母の相続権はなくなります。

特別養子縁組は、家庭裁判所の審判によって成立し(民法817の2)、養親は婚姻しており、夫婦ともに縁組しなければなりません(民法817の3)。

また、養親は25歳以上でなければならず(民法817条の4)、養子は、原則として6歳未満でなければなりません(民法817の5)。

特別養子縁組の成立には、養子となる者の実父母の同意が必要になります(民法817の6)

その他のニュース

2020-07-29

夏季休業のお知らせ

2020年8月13日(木)~2020年8月16日(日)

2020-04-24

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)

2019-12-30

代襲相続の税務の視点

2019-12-23

同時死亡と代襲相続

2019-12-16

代襲相続の範囲

< 12345678 >
Calendar Loading