新着情報

トップ > 相続人の中に未成年者が含まれる場合④

相続人の中に未成年者が含まれる場合④

4.未成年者の相続税の申告手続き

 

 未成年者の相続税の申告についても、未成年者の法律行為と同様、法定代理人又は特別代理人による必要があります。

 

 すなわち、申告書には、法定代理人又は特別代理人の押印が必要になります。また、延納申請や物納申請など各種の手続も同様で、これらの申請書には、代理人が押印して提出することになります。

その他のニュース

2019-07-12

換価分割と代償分割

動産を売却する予定がない場合 ⇒ 代償分割が有利 不動産を売却する予定がある場合 ⇒ 換価分割が有利

2019-06-28

身近な人が亡くなった後の手続・届出

身近な人が亡くなった後に行う手続・届出はたくさんあります。これらを、①直後に行うこと、②落ち着いたら行うこと、③必要に応じて行うこと、の3種類に分けました。

2019-06-11

生命保険を使った節税対策

生命保険の活用は、最も容易にできる相続税対策です。

2019-06-03

土地に地役権が設定されている場合、相続税が安くなる可能性があります

地役権が設定されている土地については、評価減をとれる可能性があり、結果的に相続税が安くなる可能性があります。

2019-05-28

相続財産を寄付することで相続税を減らせます

相続や遺贈によって取得した財産を国や、地方公共団体などに寄附した場合など、その寄附をした財産や支出した金銭は相続税の対象としない特例があります。

Calendar Loading