新着情報

トップ > 相続人の中に未成年者が含まれる場合④

相続人の中に未成年者が含まれる場合④

4.未成年者の相続税の申告手続き

 

 未成年者の相続税の申告についても、未成年者の法律行為と同様、法定代理人又は特別代理人による必要があります。

 

 すなわち、申告書には、法定代理人又は特別代理人の押印が必要になります。また、延納申請や物納申請など各種の手続も同様で、これらの申請書には、代理人が押印して提出することになります。

その他のニュース

2019-05-06

領収書のないお布施は葬儀費用になる?

お寺の名称、所在地、金額、支払日等を明記すれば、葬儀費用として認められます。

2019-04-22

遺産分割協議がまとまらない!

遺産分割協議がまとまらない場合、家庭裁判所の「調停」か「審判」によって分割することになります。

2019-04-08

倍率方式で評価する宅地が不整形地等であった場合の評価方法

倍率方式により評価する宅地に、個別事情をしんしゃくして、当該土地の評価額を計算することは可能か?

2019-04-02

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成により、全相続人が納得のいく形で財産を分配できます。

2019-04-01

GW休業のお知らせ

Calendar Loading