代襲相続の範囲

 代襲相続の典型的な例は、被相続人の子が被相続人より先に死亡したため、子の子(孫)が相続人になる場合です。

 

この場合に、孫も被相続人より先に死亡しているとすれば、孫の子(被相続人のひ孫)が子に代わって相続人となります。いわゆる再代襲といわれるものです。

なお、相続人が配偶者と子のみであった場合で、その子が被相続人より先に死亡している場合には、配偶者と孫が相続人となるが、孫は第一順位の血族相続人であり、被相続人の直系尊属及び兄弟姉妹がいたとしても、これらの者には相続権はありません。

 

一方、相続人が被相続人の兄弟姉妹であり、その兄弟姉妹が被相続人より先に死亡している場合にも、代襲相続となります。

ただし、兄弟姉妹の代襲相続は、その子(被相続人のおい又はめい)までに制限されており、再代襲は認められていません。

その他のニュース

2020-07-29

夏季休業のお知らせ

2020年8月13日(木)~2020年8月16日(日)

2020-04-24

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)

2019-12-30

代襲相続の税務の視点

2019-12-23

同時死亡と代襲相続

2019-12-16

代襲相続の範囲

< 12345678 >
Calendar Loading