同時死亡と代襲相続

被代襲者の死亡は、相続開始以前でなければなりません。

昭和37年の民法の改正前は、「相続開始前」と規定されていましたが、同改正により「相続開始以前」とされました。

したがいまして、被相続人の死亡時に生存していない場合には、その生存していない者は相続人になりません。

この結果、同時死亡又は同時死亡と推定される場合には、死亡者相互間に相続はないものとされ、代襲相続となります(民法32の2)。

例えば、父と子が交通事故等で同時に死亡したとみなされるときは、孫は、子に代わって父の相続について代襲相続人となります。

その他のニュース

2019-07-18

相続税の申告をしなかったら?

相続税の申告を過少に、または申告をしなかった場合、思いペナルティが課せられます。

2019-07-12

換価分割と代償分割

動産を売却する予定がない場合 ⇒ 代償分割が有利 不動産を売却する予定がある場合 ⇒ 換価分割が有利

2019-06-28

身近な人が亡くなった後の手続・届出

身近な人が亡くなった後に行う手続・届出はたくさんあります。これらを、①直後に行うこと、②落ち着いたら行うこと、③必要に応じて行うこと、の3種類に分けました。

2019-06-11

生命保険を使った節税対策

生命保険の活用は、最も容易にできる相続税対策です。

2019-06-03

土地に地役権が設定されている場合、相続税が安くなる可能性があります

地役権が設定されている土地については、評価減をとれる可能性があり、結果的に相続税が安くなる可能性があります。

Calendar Loading