同時死亡と代襲相続

被代襲者の死亡は、相続開始以前でなければなりません。

昭和37年の民法の改正前は、「相続開始前」と規定されていましたが、同改正により「相続開始以前」とされました。

したがいまして、被相続人の死亡時に生存していない場合には、その生存していない者は相続人になりません。

この結果、同時死亡又は同時死亡と推定される場合には、死亡者相互間に相続はないものとされ、代襲相続となります(民法32の2)。

例えば、父と子が交通事故等で同時に死亡したとみなされるときは、孫は、子に代わって父の相続について代襲相続人となります。

その他のニュース

2019-05-28

相続財産を寄付することで相続税を減らせます

相続や遺贈によって取得した財産を国や、地方公共団体などに寄附した場合など、その寄附をした財産や支出した金銭は相続税の対象としない特例があります。

2019-05-06

領収書のないお布施は葬儀費用になる?

お寺の名称、所在地、金額、支払日等を明記すれば、葬儀費用として認められます。

2019-04-22

遺産分割協議がまとまらない!

遺産分割協議がまとまらない場合、家庭裁判所の「調停」か「審判」によって分割することになります。

2019-04-08

倍率方式で評価する宅地が不整形地等であった場合の評価方法

倍率方式により評価する宅地に、個別事情をしんしゃくして、当該土地の評価額を計算することは可能か?

2019-04-02

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成により、全相続人が納得のいく形で財産を分配できます。

Calendar Loading