換価分割と代償分割

遺産の全部または一部を売却し、その代金を各相続人の相続分に応じて配分する方法を換価分割といい、特定の相続人が多く遺産を取得し、多く取得した分に見合った金銭を他の相続人に支払う遺産分割の方法を代償分割といいます。

 

換価分割は、遺産のほとんどが不動産であり、それぞれの不動産の価値に差があり、現物分割ではうまく割り振ることができない場合に有効な方法です。

 

一方、代償分割は、遺産が店舗や作業場兼自宅であるような場合で、事業を承継する特定の相続人に事業用資産を集中させたい時に有効な方法になります。

 

以下、具体的で説明したいと思います。

 

例えば時価3000万円の不動産をA、B、Cの3人で相続する場合(法定相続分は1/3ずつとする)

・代償分割によれば、Aが不動産を取得し、B、Cに対して1,000万円ずつの金銭を支払います。

・換価分割によれば、不動産を売却後、A、B、Cが1,000万円ずつの金銭を受け取ることとなります。

 

税金に着目すると、

 

 

1 不動産を売却する予定がない場合 ⇒ 代償分割が有利

通常、不動産の相続における評価額は時価(売却する金額)より低いため、代償分割の方が相続税が少なくなります。

 

 

2 不動産を売却する予定がある場合 ⇒ 換価分割が有利

その理由は、相続税額の取得費加算を相続人全員で利用できるからです。

代償分割後に売却した場合には、取得した者が負担した税額分しか相続税額の取得費加算の適用を受けることができません。

しかし、換価分割によれば、相続人全員で売却したことになるため、取得費に加算できる税額を無駄なく利用できます。

そのためには、申告期限から3年以内に売却することが要件となっていますので、気を付けないといけません。

その他のニュース

2019-08-19

小規模宅地の特例を簡単にまとめると

2019-07-22

障害者の税額控除~相続税~

相続人が85歳未満の障害者のときは、相続税の額から一定の金額を差くことができます。

2019-07-19

夏季休業のお知らせ

2019-07-18

相続税の申告をしなかったら?

相続税の申告を過少に、または申告をしなかった場合、思いペナルティが課せられます。

2019-07-12

換価分割と代償分割

動産を売却する予定がない場合 ⇒ 代償分割が有利 不動産を売却する予定がある場合 ⇒ 換価分割が有利

< 123 >
Calendar Loading